MENU

【PC版】MetaMask(メタマスク)の登録方法と使い方を解説

仮想通貨やNFTの管理を行う上で必要になってくるMetaMask(メタマスク)。今回は、PC版のメタマスクを登録する方法と、使い方について順番に解説をしていきたいと思います。

目次

MetaMask(メタマスク)とは

MetaMask(メタマスク)とはイーサリアムやNFTを管理できるイーサリアム系のウォレットです。

イーサリアム(ETH)の保管や送金をもちろんのこと、イーサリアムのブロックチェーン上で作られたNFTの管理にも使うことができます。最近では、イーサリアムのブロックチェーンが用いられたNFTアートやNFTゲーム、Defiなどが増えてきており、メタマスクを利用する方も増えてきました。

海外のサービスにはなるのですが、日本語に対応している上無料で使うことができます。PC版ではGoogle Chromeの拡張機能などでメタマスクが使用できたりするので、誰でも簡単に無料で使うことができます。

メタマスクに対応しているPCブラウザ

Metamaskに対応しているブラウザは以下の通り。

  • Google Chrome
  • Microsoft Edge
  • Firefox
  • Brave

それぞれの拡張機能を使ってインストールすることができます。

メタマスクに登録する手順

今回はGoogle Chromeの拡張機能を使った登録方法を解説します。

メタマスク登録①

まず、Metamaskの公式サイトを開きます。

そして、「Download now」をクリック。

メタマスク登録②

「Install MetaMask for Chrome」をクリック。

メタマスク登録③

右上の「Chrome」に追加をクリック。

メタマスク登録④

「拡張機能を追加」をクリック。

メタマスク登録⑤

「開始」をクリック。

メタマスク登録⑥

「ウォレットを作成」をクリック。

メタマスク登録⑦

「同意する」をクリック。

メタマスク登録⑧

パスワードを作成します。最低8文字で、分かりやすい組み合わせは避けましょう。

パスワードが決まったら、利用規約に同意をして「作成」をクリックします。

メタマスク登録⑨

「次へ」をクリック。

メタマスク登録⑩

「秘密の言葉を表示するには、ここをクリックします」の箇所をクリックすると、シークレットリカバリーフレーズが表示されます。これはアカウントのバックアップと復元に必要なため、どこか人の目につかないところにメモをしておきます。これは、この後確認のために使うので、必ずどこかにメモをしておきましょう。

メモが完了したら、「次へ」をクリック。

メタマスク登録⑪

先ほどの12個のフレーズを順番に選択します。

完了したら、「確認」をクリック。

メタマスク登録⑫

これでMetamaskの登録は終わりです。「すべて完了」をクリックしたら、Metamaskが使えるようになります。

アカウント名を変更したい場合は

メタマスク登録⑬

アカウント名を変更したい場合は、右上の方にある点々をクリックし「アカウントの詳細」を開きます。

メタマスク登録⑭

アカウント名の隣の鉛筆マークをクリックします。

メタマスク登録⑮

編集ができるようになるので、自分の好きな名前に変えたら完了です。

まとめ

Metamask(メタマスク)の登録方法や使い方について解説をしてきました。

メタマスクはNFTを始めるためには必須といっても良いウォレットなので、ダウンロードはあらかじめしておくのがおすすめです。ただし、メタマスクはオンラインのウォレットになるため、セキュリティ面では不十分な部分があり盗難のリスクがあるので注意してください。

使い方や仮想通貨・NFTの保管の仕方には十分気を付けながらメタマスクは使うようにしましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

NFTを中心に、仮想通貨・Defi・gamefi・メタバース・Web3.0についてのブログを趣味で書いてます。妻と一緒に日々NFTを実践中。

コメント

コメントする

目次
閉じる