MENU

仮想通貨KMONはどこで買える?購入できる取引所と買い方を解説

クリプトモン
悩む人
「仮想通貨のKMONの買い方が分からない」
「KMONはどこの取引所で買える?」

とお悩みの方のために、仮想通貨のKMONの特徴や買い方の手順を解説していきます。

この記事で分かること

・KMONの概要と現在の価格

・KMONを購入できる取引所

・KMONの買い方の手順

実際に購入しているところを画像で解説しているので、KMONトークンを買いたいという方は参考にしてみてください。それでは、早速いってみましょう。

目次

KMONとは

仮想通貨「KMON」とはNFTゲーム「Kryptomon(クリプトモン)」のゲーム内トークンです。

クリプトモンはポケモンやたまごっちを融合させたような育成型のゲーム性が話題を呼び注目を浴びています。現在の1KMONあたりの価格は以下のチャートの通りです。

KMONトークンの使い道

KryptomonをプレイするにはKMONトークンが必要な場面が色々とあり、

  • 卵を孵化させる
  • モンスターを育成する
  • 卵を増やすための交配を行う

などに使われます。

現在はフェーズ1(2022年7月時点)の卵の孵化までしかできませんが、12月中に次の段階に進み、たまごっちのように育成したりポケモンのようにバトルすることができるようになります。

最初に卵を孵化させるのにも初期費用としてKMONトークンは必要なので、Kryptomonをプレイしようと考えている方はKMONトークンを用意しておきましょう。

KMONトークンを購入できる取引所

クリプトモンのゲーム内トークン「KMON」は海外取引所で購入でき、おすすめの取引所は「Bybit(バイビット)」です。

バイビットは世界的に人気の海外の仮想通貨取引所で、日本人も多く利用しています。

バイビットの特徴をまとめると以下の通り。

  • 日本語対応で使いやすい
  • セキュリティ面がしっかりしている
  • サーバーが強い
  • 注文スピードが早い
  • 日本円で購入可能(クレジットカード決済)
  • 最大100倍のレバレッジ

海外の取引所だと心配する方も多いかと思いますが、バイビットは日本語対応が充実しているので困ることはあまりないと思います。サポートも24時間体制なので安心して使うことができます。

>>BYBITの公式サイトはこちら

KMONの買い方

ここからは、仮想通貨「KMON」の買い方を順番に解説していきます。

購入するための流れとしては以下の通りです。

  1. 国内取引所の口座開設をする
  2. リップル(XRP)を購入する
  3. Bybitの口座開設をする
  4. Bybitに購入したXRPを送金する
  5. Bybit内でXRPをUSDTに換金する
  6. USDTをKMONに交換する

クレジットカードを使えば日本円でも購入できますが、取り扱いのカードの少なく手数料も高いため、仮想通貨での購入方法で解説をします。

また、国内取引所からBybitへの送金はほとんどの取引所で手数料が無料のリップル(XRP)がおすすめです。

①ビットフライヤーの口座開設をする

ビットフライヤーはXRPの送金手数料が無料なので、XRPの送金にはビットフライヤーがおすすめです。

②リップル(XRP)を購入する

次に、ビットフライヤーのbitFlyer Lightningでリップル(XRP)を購入しましょう。アプリの販売所だと手数料が高くついてしまうため、板取引ができるbitFlyer Lightningで購入するのがおすすめです。

③Bybitの口座開設をする

次に、KMONの取り扱いがあるBybitの口座を開設します。

日本語に対応しているので、国内取引所を開設する感覚で進めていけば大丈夫です。
>>Bybitで無料で口座開設する

④Bybitに購入したXRPを送金する

ビットフライヤーで購入したリップル(XRP)をBybitの口座に送金をします。

⑤Bybit内でXRPをUSDTに交換する

XRPのままだとKMONは購入することができないため、Bybit内でXRPとUSDTを交換します。

XRPをUSDTに交換する手順は以下の通りです。

①Bybitのアプリを開いて「取引」をタップします。

②上記のような画面になったら上の方にある二重線をタップします。

③取引のペアが選択できる画面が出てくるのでリップル(XRP)をタップします。

④XRPを売ってUSDTに交換するため、「売り」をタップします。そして、売りたいXRPの数量を入力します。

⑤交換したいXRPの数量を確認したら、「XRPを売り」をタップします。後は取引が完了するまで待ち、約定したらUSDTへの交換は完了です。

⑥USDTをKMONに換金する

XRPをUSDTに交換をしたら、次はUSDTをKMONに交換します。

biybit-kmon換金①

①取引ペアの検索窓を開き、「KMON」と入力します。

②KMON/USDTのペアが出てくるので、KMONをタップ。

③今度はUSDTを使ってKMONを買うことになるので、「買い」をタップします。

購入したいKMONの数量を入力し、「KMONを買い」をタップします。

④確認画面が出てくるので、内容を確認したら「KMONを買い」をタップします。後は取引が完了したら購入が完了となります。

KMONトークンをウォレット(クリプトモン)に送る方法

購入したKMONトークンをKryptomon(クリプトモン)で使用するには、Kryptomonのウォレットのメタマスクに送金する必要があります。メタマスクに送ることで、Kryptomonのゲーム内でKMONを使用することができるようになります。

手順は以下の通りです。

メタマスクにKMONトークンを追加する

①まず、メタマスクを開き、BNBチェーンに切り替えます。そして、「トークンをインポート」をタップしてKMONをメタマスクに追加していきます。

③すると、トークンを追加する画面が出てくるので、それぞれ以下の内容を入力して埋めていきます。

・トークンコントラクトアドレス:0xc732b6586a93b6b7cf5fed3470808bc74998224d
・トークンシンボル:KMON
・トークンの少数桁数:18

入力したら「カスタムトークンを追加」をタップします。

④次に、「トークンをインポート」をタップします。

⑤これでメタマスクにKMONトークンが追加されました。

BybitからメタマスクにKMONトークンを送る

次に、BybitからメタマスクにKMONトークンを送ります。

①アプリ内下の「資産」をタップし、上記のような画面を出します。検索窓をタップし、KMONを検索します。

②KMONをタップします。

⑤出金の画面になるので、まず出金したい金額を入力します。取引手数料(送金手数料)は30KMONかかるので、それを考慮した数量を入力します。

④次に「アドレスを選択してください」をタップし、メタマスクのアドレスを入力していきます。

⑤アドレスは、メタマスクのアドレスを入力します。アドレス名はメタマスクなど分かりやすい名前をつけます。

⑥アドレスを追加し、出金額を確認したら「出金」をタップします。2段階認証を入力したら出金は完了です。後はメタマスクに着金するのを待ちます。

数分もしないうちにメタマスクに着金しました。

メタマスクとKryptomonを接続すると、Kryptomonの公式サイトのマイページに送ったKMONが反映されます。これでゲーム内でKMONトークンを使用することができるようになります。

クリプトモン・KMONの今後の将来性は?

クリプトモンは現時点(2022年6月)では、まだフェーズ1の段階のためモンスターの育成をすることしかできません。そのため、育てたモンスターをマーケットプレイスで売ることでしか稼ぐ方法はないです。

しかし、2022年後半に導入予定のフェーズ2やその先のフェーズ3になると、バトルができたりメタバースの世界で遊べるようになるなど、稼ぐ方法がより広がる予定です。

また、クリプトモンはNFXを筆頭として、各所から合計1000万ドルを調達したことが発表され、今後の将来性が期待されるNFTゲームの1つです。これからクリプトモンのゲーム性が進化していくことでまた盛り上がりを見せるかもしれませんね。

まとめ

以上、クリプトモンのゲーム内通貨である「KMON」の買い方について解説をしてきました。

クリプトモンはまだローンチされて半年弱のため、まだまだ伸びしろがありそうです。フェーズ2、フェーズ3と進んでいくことで、今後どう変化していくのかも楽しみですね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

NFTを中心に、仮想通貨・Defi・gamefi・メタバース・Web3.0についてのブログを趣味で書いてます。妻と一緒に日々NFTを実践中。

コメント

コメントする

目次
閉じる